投資物件はアパートで決まり|中古でも新築でも需要のある収益物件

大都市の物件への集中投資

模型

マンション投資を行うときには、資産価値が高くて今度も人口増加が期待できる大都市にターゲットを絞るべきです。質の高い物件は駅前に立地しているのが特徴的であり、学生をターゲットにしながら、シングル向けの物件を積極的に買うのが理想的です。

もっと見る

新築だけが投資ではない

集合住宅

中古も価値はある

投資物件を購入する際には、新築のマンションを購入することが一般的です。新築の需要が極めて高いため、安定した収益を出すためには、新築物件が何より有効なのです。新築物件であれば、長期ローンで購入しても築年数が古くなりにくくなることなどメリットも多くなっています。しかし新築物件のデメリットは価格の高さにあります。そのため中古物件を購入することも方法の一つになります。しかしマンションの中古物件はその先の需要が見込まれないこともあり、おすすめできません。中古であれば、投資物件としてアパートを一棟購入することがおすすめです。しかしそのままの状態で不動産経営をすることは難しく、リフォームや建て替えを行う事が必要になります。

土地が財産になる

中古物件でも新築物件にはない魅力をリフォームで出すことが可能になります。需要がある物件に仕上げることで、投資物件として購入した中古アパートでも十分収益性を担保することが可能になるのです。アパートは、中古であれば、格安で購入することができます。そのため一棟であっても、サラリーマンが簡単にローンで購入することが可能になります。また土地を残す事ができるため将来的な不動産としての価値を残すことができるメリットもあります。投資物件を新築のみに限定するのはもったいない話でアパートを視野に入れて、不動産投資の物件探しを行う事がポイントになるのです。賢い不動産経営を行うには、情報収集を怠らないことがポイントです。

収益を上げる投資方法

女の人

投資用マンションの壁面や屋上に広告を設置することで収益を上げることができます。空きスペースがあるときには、自動販売を設置すれば、収益を上げることにつながります。一番空室率の少ない種類のものは、ワンルームマンションタイプとなります。

もっと見る

合理的な賃貸経営

建物

マンション経営ではリスク管理を行うことが重要であり、エリアや物件のタイプを分散させるのが理想的です。個人投資家向けの収益物件は安定した利回りが得られるのが魅力的であり、ファミリー向けのマンションへの投資も注目度が高いです。

もっと見る